子安3寸人参の花。

去年、息子が夏休みの自由研究のために種蒔いて、収穫して、越冬させていた人参の花が満開。
今年は種が採れそうです。
そして、また夏休みの自由研究にする予定。
種まで採れるようになれば、人参栽培のスキル習得。
これで息子はお金がなくても、人参は得られるね。
よしよし、次は何がいいかな。






no title

子供の誕生日に買った、かえるウクレレ。(おもちゃではない。)
に、ハマりそうな私。

弾き方を調べて、ちょっと弾いてみたら、猫の恩返しの曲とか、レットイットビーとか、なんとなくだけど弾けて、楽しい!
初めて2日で、こんなに楽しくて素敵だね、ウクレレ!!
かわいいし!

話は変わって、畑は、まだ畑とは言えないような山地だけど、すごく自然の豊かな場所を借りることができて、開墾からになるけど、頑張ります!!
今度、写真載せます☆


家庭菜園と農業の違い。
がよくわからない。
調べれば調べるほどよくわからない。
農業として新規就農する時に必要な条件はわかった。
2ha以上の農地ときちんとした事業計画が必要。
そして、就農したら農業で生計を立てなきゃいけなくて、補助金や、JAとの関わりや、お金の融資が受けやすいとかっていうことが出てくる。

ただ家庭菜園の範囲がよくわからない。
家庭菜園として、農地以外の場所を開墾して農的なことをして、収穫して、販売しても大丈夫。
細かな計画を立てて提出する必要がないので、自由度が高い。

というわけで、借金や補助金を必要としなくて、開墾してもいい広い雑種地さえあれば、家庭菜園の扱いで十分じゃんと思ってたら、問題がひとつ。

広い土地を開墾して農的なことをしてたら、農業委員会という組織が農地としてしまうかもしれないって言うんだよね。
前回就農したいという方向から考えたら、それはよかったんだけど、家庭菜園で居続けたい場合には、それは困る。
就農すると開墾した雑種地が農地に変わってしまうらしくて、そうなると土地の持ち主が転売できなくなるそうだ。農地は農家しか持っちゃいけないんだもんね。

新規就農は2haないとダメだとしながら、開墾した雑種地は2h以下でも農地にするかもしれないって、どゆこと?
だったら2hって何のためにあるんだ??

農業委員会という組織が、こういう人間に優しいかどうかはよくわからないので、なんとも言えないんだけど、少なくとも今の所風当たりは弱くはないよ。

なんというか、服屋さんに例えるなら、巨大アパレル企業もあり、ブランド企業もあり、手縫いで一点物の服を作る個店もあり、って感じで色々やり方はあるのに、農業は巨大アパレル企業とかブランド企業しか認めてない感じ。大手しかダメみたい。
手縫いの一点物の個店みたいな農業がしたくて農地を使いたいんだけど、それはダメらしいの。

なんだかな…。
でもどうにか絶対やるよ。
呼び方が農業だろうが家庭菜園だろがどっちでもいいよ。
ただ、手を掛けて、目の行き届いた野菜を作る土地がほしいだけ。
そして、自給して、そういう野菜を必要としている人に届けたい。
そんな思いは農業に必要とされていないということなのかしら。
愚痴はこの辺にしといて、とにかく行動します??






ひとりで農業がしたい
冬眠をしていたわけではありません。
いや、よく寝てはいたけどね。冬って眠くなっちゃうよね。
今年はいよいよ本格的に畑をやろうと思って色々動いてました。
というわけで、新規就農して農地を借りようかと思っていたんだけど、問題がひとつ。
北海道の最低必要な農地の広さが2ha。
100m×200m。
広っ??
一人で管理できる…、のか??
作物の予定を立てていると、その広すぎさがなおさら実感できてきて、調べたよ、新規就農ってみんなこの広さ使えてるの?って。

そしたら、お隣苫小牧市だと30a(50m×60m)からオッケー、とか近場でも小規模から始められる市町村がいっぱい??

白老町もやってよー、と役場に行ったんだけど、すぐにはいどうぞという訳にはもちろんいかなくて、けど、私が農地以外の場所を農地のように使えたら、そこが小さくても農地として認められて、実績となれば、白老町としても小規模の面積から新規就農できるようになるかもしれないと言われ、只今いい場所を探し中。0.5haくらいがいいなー。

そんなこんなで、とにかく今年から売るだけ野菜作ります。
もちろん無農薬無化学肥料、種から地産地消。
朝、子供達が起きるまで畑に行って、みんなを学校や幼稚園に送り出してから、また畑に行って、子供達が帰って来るまでに私も帰宅。1日に5~6時間位畑に行ける予定。
そんな家事育児の隙間時間での一人農業。どこまで、できるかやってみます。
できれば、この後作物の加工もして、ひとり6次産業化したい??

農業の形、女性の働き方、食料自給のことなどにおいて、新しい選択肢になるようなことができるといいなあ、と思っています。
味噌作り講習会の講師をします
実は去年から講師をしていました。
アクセスの良い場所ではありませんが、よかったらご参加ください(^-^)/

「会員栽培の青大豆と玄米こうじで作る味噌作り講習会」
日時:平成27年3月1日(日)10時~11時30分

会場:白老有機農業塾研修室(白老町竹浦157番地47)

内容:無農薬、無化学肥料の青大豆と、七分づき玄米のこうじでお味噌を仕込みます。
お一人、1kgのお味噌をお持ち帰りいただき、熟成させて出来上がりです。
当日、青大豆と黒千石大豆の販売も行います。(青大豆、黒千石大豆…各500g \600)

  定員:15名

  参加料:2,000円(材料費を含む)

  持ち物:お持ち帰り用の袋類。エプロンとゴム手袋(手荒れしやすいなど、必要な方のみ)

  講師:杉本聖美(NPO法人白老有機農業塾理事、AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー)

  募集期間:平成27年2月15日(日)まで 


参加希望の方は、電話・FAX・メールのいずれかにて必要事項(氏名、住所、電話番号)と共に、お申し込み下さい。

E‐メール   umigiri_no_oka@yahoo.co.jp
ホームページ  http://shiraoiyuuki.jimdo.com/

問い合わせ先 NPO法人白老有機農業塾 斎藤
電話・FAX 0144-87-3241
プロフィール

Author:きよみ
北海道白老町在住。
AEAJ公認アロマテラピーアドバイザー。
息子3人娘1人の母。
手作り石鹸。
合成界面活性剤フリー。
自家製天然酵母パン。
手作り糀。塩糀。甘糀。手前味噌。
無農薬、無化学肥料野菜作り。
バラ。
色々なベリーの栽培。
編み物。手芸。平日大工。
多肉植物。

子どもと人間以外の生き物に迷惑をかけずに生きるのが目標。

楽しみながら♪

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR